So-net無料ブログ作成

いまさらながらのSC10.2→SC10.3化で激変です! [SC10]

どうも、どーも、。

Xmasが過ぎて、一気にお正月モード突入していますね~[るんるん]
今日が2017年仕事納めのお父さん方が多かったのでは?
中には昨日が仕事納めで今日からラジ三昧なんて怨めしい羨ましいウナギやムッシュKowaもいますがね~[ちっ(怒った顔)]

そうそうお正月ということで飲む機会が増えるかもしれません。
前回のブログにも書かせていただきましたが、飲酒運転はもってのほかです[パンチ]
お屠蘇でも飲酒には変わらないので、お酒を飲んだら絶対に車の運転は止めましょう[exclamation×2]

さて、KowataさんSC5Mシェイクダウンとヒルトップ逆回り化した先週の日曜ですが、PapaさんSC10.2のセッティングテストもバッチリ行いました。
今回注目した点は、

171224 (11).JPG
171224 (12).JPG
「フロントダンパーステーとフロントサスアーム!」

です。
SC10.2はフロントサスアームが「ガル」形状=くの字になっているんです。
このフロントサスアームの形状がポイントでなんです。
「ガルアーム」ですと、動きが「プログレッシブ」になります。
つまり、
路面から受けるキックバックは初期が抑えられ、サスアームが深く動くにつれて大きく感じられると思います。
数学に例えると2次関数(放物線)上と言えるでしょう。(←拒否反応を示す人もいるかな?!:[わーい(嬉しい顔)]
反対に、「ストレートアーム」ですと、キックバックは「比例」して感じられ、路面ギャップや、サスの動きがダイレクトに伝わってきます。
「ガルアーム」はギャップによる唐突な乱れには強いのですが、反応が遅れて伝わるので、「ダルさ」を感じるステアリングイメージを持ちやすい形ではないでしょうか?
反面、「ストレートアーム」は初期反応が良いと感じられると思います。(ギャップには弱いですけど、。)
ヒルトップのテクニカルセクションを気持ちよく駆け抜けるためには、

「ステアリングの初期反応」

が良いストレートアームの方が適しているのではと考えたPapaさん、T4用ダンパーステーとサスアームを用意してのテストに臨みました[ぴかぴか(新しい)]
あ、ストレート化にはT4ダンパーステーがMUSTですね~。ノーマルSC10.2用ダンパーステーですと、フロントダンパーが長すぎてしまいます[ふらふら]
バギー用のフロントダンパーなら丁度良いかも知れませんが、ダンパーを揃えるより、ダンパーステーの方が安上がりです[揺れるハート]
んでもって、セット変更確認方法はいつもの通り、朝一に1パック程SC10.2ノーマル足(ガルアーム)で動きを確かめた後に、ストレートアームに変更~。
アソシマシンの分解組み立ては手慣れたもんですから、15分程度で交換完了[るんるん]

171224 (13).JPG

ジオメトリーを再確認して、実走開始[ダッシュ(走り出すさま)]
2,3周はゆっくり走らせて、その後、真面目にスロットルを開けます!
その効果は、

「いやー、テクニカルゾーンがめっちゃ楽!」

ノーマルガルアームではブレーキを使ってフロントに荷重移動しないとコンパクトに曲がれなかった、モナコ(水道周り)コーナー出口がノンブレーキで曲がれます。
プロポのハンドル操作がダイレクトに伝わって、初期が入るのでタイトターンがかなり楽になりました。
確実に「やってよかった」と言える変更です。

でもこの変更、実は本家アソシは既に実施していて、SC10.3はフロントストレートアームですよね~[ぴかぴか(新しい)]
やぱりホイルベースが長いSCにはフロントガルアームは不要と考えたのかもしれません。
Papaも同意ですね~。

あ、ここで少しウンチクめいたことを書こうかな[ひらめき]

初期B5Mはフロントガルアームですよね~。Papaの使っているB5Mもフロントガルアームのままです。
じゃあ何故B5Mはステアリング初期に不満をあまり感じないのかというと、
B4に比べフロントダンパーステーがワイドになり、アッパーアーム長さが短くなっています。
アッパーアーム長さが短くなると、サスアームの動きが速くなり、初期に不満を感じなくなります。
ガルアームの初期不足をアッパーアーム長さで補っていて、ガルの良さ=ギャップ強さを生かしていると感じています。
こう考えるとPapaはフロントサスアームはセッティングアイテムの一つと考え、

①路面が安定している(ギャップが少ない)ならストレートアーム
②ギャップだらけでキックバックに苦しむならガルアーム

と状況に応じて変更するのがベストと思っていたりして[たらーっ(汗)]、。
ちなみにガルアームは路面状況の変化にも強いと思います[黒ハート]
ヒルトップのような1周で路面が変化するコースにはガルアームの方が適していると思って、ずーっと変更していなかったPapaさんです[わーい(嬉しい顔)]

あ、2駆はですよ[あせあせ(飛び散る汗)]4駆やSC、レーシングトラックなんかは安定性が高いのでストレートアームに分があるとおもいますね。

それとこれはフロントに限ってのお話です。
リヤサスアームはかなり難しいし、好みが分かれるかと考えられます。
少なくともPapaさんはバギータイプならリヤのストレートアーム車は選びません。
サスセットがかなり難しく、悩みの種になるので。(X-6で懲りました~。)

さて、SC10も徐々に走るようになってきましたが、ひとまずEP OFFは暫くお休みかもです。
GP ONのレースが近づいてきましたからね~[ハートたち(複数ハート)]
年明けからは京商サーキットでGPツーリングのセッティングを煮詰めたいと思っています。
目標は、

「平均ラップ、15秒前半!!」

で走れるくらいまで頑張ろうかな。
さあ、明日は2017年RC走り納めしてきますよ!
レポートは今年中に上げたいですね~。

じゃっ[exclamation]

あ、日曜のムービー、一つ紹介していなかった!
これですよ~



と、いうことで、またね~

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新Project SC10.2ファーストインプレッション [SC10]

どーも、。

前回の日曜ヒルトップ出撃を機にEP OFF新プロジェクトを本格発動させたHaby Papaです[わーい(嬉しい顔)]

SCをHPI BLITZ → Team Associated SC10.2に変更したのですが、その運動性能は大きく違いが感じられました。[ひらめき]
どちらもRR Motor仕様でトレッドやホイールベース等は似たり寄ったりですが、足回りの剛性感がかなり違います。
BLITZはどちらかというとグニャグニャでSC10はカッチリした足ですね~[ぴかぴか(新しい)]
前車は柔らかい材質のサスアームなので大ジャンプで変な落ち方をしてもサスアームを折ってしまうことは全くなく、ある意味、「壊れ知らず」なクルマでした。
それに比べ、SC10は慣れ親しんだ固さですね。大ジャンプ失敗の暁には「ボッキリ」逝く感じです、。

しかし、このサスのカッチリ感が走りに大きく影響しています。
足回りの曖昧さが消え、車のセッティング状態がリニアに感じられるのです。[ひらめき]
「バギーライクな動き」を感じられるがアソシSC10ではないでしょうか?!

SC10ヒルトップ初走行ではヤフオク落札状態のまま(昔の細いノーマルダンパー&ダンパーオイルも何が入っているのか判らない状態)で走らせました([たらーっ(汗)])。
ま、直ぐに手持ちのビックボアに変更するつもりでしたので、ホントに試走のつもりでしたからね~。
が、その「試走」で明らかな車の違いを感じたました。それが、

「ロールが思った以上に少なく、反応が早い!」

です。
ちなみにこの日のタイヤチョイスは、

IMGA0018.JPG
IMGA0019.JPG

フロント パンサー スイッチSC クレイ で リヤ HB メガバイトSC ピンクです。(朝一の写真撮り忘れた!!)
路面が非常に良い状態で安定していたので終日この選択で過ごせました[黒ハート]
車高・キャンバーは前後共29mm&-1°です。

最初のダンパーセットでは曲がりが少ないと感じたので予定通りビックボアに変更します。
FRはピストン 1.6mm×2でオイル 300番 スプリングはTamiya ビックボア レッド、
RRはピストン 1.6mm×2でオイル 350番 スプリングはアソシ ホワイトです。

最初に比べ格段に柔らかいダンパーセットにいたため、走行前はロール過多になるかと心配しましたが、走ってみるとそれほど気になるレベルではありません。[ぴかぴか(新しい)]
フロントが入るようになりタイトターンが少し楽になってきました。
しかし、まだまだ曲がりは足りません。チキチキバトルに加わるとやっぱりお店前までのテクニカルセクションがかなり辛い[がく~(落胆した顔)]

そこでフロント周りを中心にセット変更します。
まずはFRアッパーアーム長さに着目し、ダンパーステー側を外側取り付けに変更~。
コーナリング中のキャンバー変化が早くなるのでハンドリング初期反応が良くなり、「曲がる」ようになります。
そして手持ちで一番柔らかいスプリングにFRを変更し、ブレーキング時のフロントダンプ量を増やしてタイヤに加わる面圧を高めてやります。[キスマーク]
更にダンパーを寝かせて動き出しを早めてやったりと、とにかく「曲げるセット」を施すと、

「あー、やっぱりアソシ!これまでのノウハウが生きる!!」

と感じられるくらいどんどん動きが改善されてきました[るんるん]
ここまでフロントをいじると、徐々にロール量も気になってくるんですね~[バッド(下向き矢印)]
リヤアッパーアーム高さを見直してロールポイントを変更することを考えましたが、やり過ぎると曲がらなくなるので、リヤハブ側の取り付けを1段外側に変更。
動き出しをゆっくりにすることで、ロール対策をしてみます。

「効果絶大とは言えないけど?!」

予想通りです。
途中のユニバトラブルで時間を割いてしまったのと、日没時間が近づいてきたのでこれ以上のセッティングは断念~[パンチ]
この日はこんな感じでセット変更終了でした。

IMGA0020.JPG
IMGA0021.JPG
IMGA0022.JPG
IMGA0023.JPG

朝に比べれば格段に曲がるようになってきています。
Kidさんからも一緒に走ってみてコーナリング速度が変わってきたとの嬉しい一言をもらっていますが、まだテクニカルセクションを完全に攻略できていないのも事実、。[ふらふら]
そこで次の機会では更に思い切ったフロントダンパーセットを試してみたいと思います。
具体的には、

OILはアソシ20番としてピストンも1.7mm×2穴に変更。スプリングをアソシブラックとグリーンで比較

といった感じですかね。
この他にもウェイトによる味付けも試してみたいですね。
とにかく、フロントタイヤを如何に仕事をさせるかを模索してみたいと思います。
結果はこのブログで紹介するつもです。

ということで、ファーストインプレ報告でした!
では、また[exclamation][ぴかぴか(新しい)]


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー