So-net無料ブログ作成

ハチイチGTのエンジン調整(Sirio S24T) [インファーノGT2]

やーやー、どうも、どーーも、。

昨日は台風10号の影響からか、ここ関東でも土砂降りの雨が降ったり止んだりで、かなり不安定なお天気でしたね~[バッド(下向き矢印)]
また新潟などでは気温が40℃を超える事態となり、危険な暑さなったとの報道を見聞きすると、地球温暖化の影響が気になっているPapaさんです[ふらふら]

さて、もう1週間が経とうとしている前回のGPSW出撃ですが、インファーノGT2のエンジン関連テスト結果をブログにします[ぴかぴか(新しい)]

おさらいですけど、テスト内容は

① エンジン再燃調
② マフラー交換
③ 燃料変更

の3つを実施しました。
いずれも我がシリオエンジン君の「吹け」向上を狙ったものです。
初めにこれまでの燃料と燃調(ニードル位置)、マフラーで半タンクくらい走ってみます。
これまでの感想の通り、グリンパのストレート2/3くらいで吹け切ってしまい、今一つ伸びが足りません。

そこで、エンジンのニードル再調整を開始[ダッシュ(走り出すさま)]
先ずはメインニードルを約3分ほど絞ってみます。
若干アイドリングが不安定になったので、アイドルスクリュウも少し締めて少し高く調整。
これで走行中の排気に気をつけながら5、6周走ってみてました。
まだ、絞れそうな排気状態でしたので、更にメインを3分絞ります。
このときフルスロットル状態からアイドルに戻したときの「回転の落ち」も確認。
併せてスローニードルも調整していきます。
シリオ24Tはニードル調整にかなりシビアさを要求するエンジンかと思います。
メインは3分くらい、スローは1,2分と少しづつ調整したほうが間違いないと思われます。

この調整を何回か繰り返し、少しづつですがストレートに伸びを感じられるようになりました。
ここで、次のテストに移行します。
それは、

190811 (5).JPG
「シリオマフラーに変更!!」

これまでは昔のノバロッシマフラーを使っていましたが、専用シリオマフラーに変更してみました[揺れるハート]
このマフラー、超レアものですからこれまで「もったいない」と思って使ってませんでした、。[がく~(落胆した顔)]

この変更、「効果あり」で、これまで調整していたニードル位置でもまだ甘いと感じられるくらい[あせあせ(飛び散る汗)]

ここから再度ニードル調整に移るのですが、ついでに③の燃料変更も実施。
NASA FENRIR 20%→OS NITRO-X 25%にしてみます。
2年前の京商カップでは燃料がニトロ20%のR246が指定でしたから、これまで20%ニトロを使用してきましたが、最近のトレンドに併せてみました。
25%ならGPTにも使用できますしね~[ひらめき]

前述のニードル調整方法で再燃調してみると、

「あらー、トップスピード出てきました!」

さときちGT3と同じくらいの伸びが出てきて、GPSWではいい感じになりました[ハートたち(複数ハート)]

一時はエンジン交換必要かと思われた我がインファーノGT2ちゃんですが、いい感じになってくれました。
まあ、普段から「燃調が甘すぎる!」とAlettaさんから言われていますので、これでもまだ「あまあま」といわれちゃうでしょうけど[たらーっ(汗)]
今度はストレートが長いSRTで試してみたいと思っているPapaさんです。

さて、前回の出撃ではAletta,Gakuさんもご一緒したのですが、二人ともEPに懸かりきりでしたね~。
そんな様子を動画に収めてあるので、今日の〆はそれを紹介して終りとします[exclamation×2]





ついでにもう2本、





以上でーす~[るんるん]
nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。